"きしちょのカーライフと徒然日記"

愛車シビックハッチバックのことや、趣味の音楽、車のことについて色々発信していけたらなーと思います。

GO,VANTAGE POINT.

"自分をもっと見晴らしの良い場所へ"
自己表現は人生を豊かにする。色々なことに興味を持って挑戦し、発信していきたいと思います。

シビックタイプRのタイムを更新!ニュルブルクリンクFF最速はルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R!

★スポンサーリンク★

皆さんどうも、きしちょです。

仕事中にちょっぴり悲しいニュースが僕の目に飛び込んできました。

 

「シビック タイプRを超えた!ニュル最速はルノー メガーヌ R.S. TROPHY-R」

 

僕は車の知識がほとんどないので、ルノー メガーヌ R.SトロフィRがどのような性能でシビックタイプRと何が違うのか説明出来ませんが、このニュースを見たときにちょっと悲しくなりました(笑)

ただ、自分が乗っている車(自分はハッチバックモデルですが)が世界で最も過酷といわれるニュルブルクリンクというコースで、「FF最速」となったことにはやっぱり誇りに感じていました。

そこで今回は、このトピックで自分なりに気になる部分を調べてみました!

 

ニュルブルクリンクとはどんなコース?

ニュルブルクリンクは全長20.832kmというロングコースで、そこでのタイムはスポーツカーの基準と考えられているようです。日本のサーキットで一番長いコースは「鈴鹿サーキット」の5.807kmらしいです!

これだけみても、レースやタイムアタックがものすごく過酷だなと素人目でも感じます(笑)

自分はレースゲームのグランツーリスモでしか走ったことはありません!

 

シビックタイプR、ルノー メガーヌ R.SトロフィRのタイムは?

FF最速のタイムは、2017年にシビックタイプRの「7分43秒80」で、今回の新型ルノー メガーヌ R.SトロフィRは「7分40秒100」。3秒も更新されていますね…。

ゲームですら3秒更新するのも難しいのに…(笑)

 

ルノー メガーヌ R.SトロフィRってどんな車?

新型「メガーヌR.S」の高性能モデルである「メガーヌR.Sトロフィー」をベースに、さらなる軽量化を図るなど、サーキット志向の新グレードらしいです!

主なスペックについてちょっと調べてみました!

  • 1.8リットル直4ターボは最大出力300PS、最大トルク42.8kgm
  • 最大130kg軽量化(メガーヌR.Sモデルは1,480kg)
  • 2019年内に、少量を限定生産する予定

シビックタイプRは最大出力320PS、最大トルク40.8kgmで車重が1,380kgなので

スペック的には似ているような気がします。それで3秒も更新してるんですから車って奥が深いですなー…。

自分の愛車シビックハッチバックもちょこちょこカスタマイズしていきたいなーと思っているので、調べれば調べるほど楽しく妄想が広がってきますね(笑)