"きしちょのカーライフと徒然日記"

愛車シビックハッチバックのことや、趣味の音楽、車のことについて色々発信していけたらなーと思います。

GO,VANTAGE POINT.

"自分をもっと見晴らしの良い場所へ"
自己表現は人生を豊かにする。色々なことに興味を持って挑戦し、発信していきたいと思います。

シビックハッチバックの維持費ってどれくらい?シビックオーナーが解説します。

★スポンサーリンク★

 皆さんどうも、きしちょでございます。

いやー、遂に2020年モデルの新型シビックがマイナーチェンジで発表されましたね!

これからどんどんシビックオーナーが増えていく予感がする…(笑)

そこで今回は、もっとシビックハッチバックオーナーを増やすためにもシビックハッチバックの維持費について話していこうと思います。

マイナーチェンジ後のシビックですが、維持費については大差がないと思いますので、「新型シビックが気になる」、「乗りたいけど、どれくらいの費用がかかるの?」といった声をちらほら見かけましたので、良ければ参考にしてみてください。

クルマを維持するうえで必要なお金

シビックに限らず、クルマを購入し維持していくには様々な税金やガソリン代、事故や故障による突発的に必要なお金、メンテナンス費用など沢山のお金が必要になってきます。簡単にですが以下の動画の中でざっくりと説明しております。

www.youtube.com

ここからは、シビックハッチバックの維持費について解説していきます!

具体的には以下の部類に分けて解説していきます。

  1. 税金関係
  2. 自賠責保険や任意保険
  3. 日常の整備関係
  4. 車検関係
  5. 事故などのトラブル関係

税金関係にかかるお金

 まずは車の税金のお話です。シビックに限らず税金はクルマを維持していく上で切っても切り離せないものです。

クルマを維持するためには、毎年①自動車税②重量税を納める必要があります。

自動車税はクルマの排気量で、重量税はクルマの重さによって納める税金の金額が変ってきます。

 自動車税に関しては、以下のように排気量によるランク分けをし、税金を決めています。

  • 1000cc以下         → 29,500円
  • 1001cc~1500cc       → 34,500円
  • 1501cc~2000cc      → 39,500円
  • 2001cc~2500cc      → 45,000円     ※全て自家用に限る

他にももっと大きい排気量のクルマにランクもありますが、一般的にはこの辺りのランクのクルマが多いかと思います。

シビックハッチバックの排気量は1500ccですので、毎年34,500円を納める必要があります。

次に重量税ですが、エコカー減税対象車であれば重量税は減額されますが、残念ながらシビックはエコカー減税対象ではありません。(笑)

シビックハッチバックの車重は約1380kg(マニュアルの場合は1320kg)であり、1年あたりの重量税は12,300円となっています。重量税は購入してから13年経過すると税金が変ってくるので注意が必要です。

自賠責保険と任意保険

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があり、このうち加入が義務付けられているのが自賠責保険のみです。任意保険はあくまでも購入者の選択次第となります。

僕はシビックハッチバックを新車で購入しているので、購入時に3年分の自賠責保険を支払っています。その金額は35,950円となります。4年目以降は車検ごとに2年分の自賠責保険25,830円を支払っていく仕組みとなっています。

1年あたりに計算しなおすと、3年目までは13,040円、4年目以降は13,920円となります。

日常の整備関係にかかるお金

クルマの維持費の中でも、ここで説明するガソリン代やオイル交換費用などは最も生活と密接している部分かと思います。まずはガソリン代について話していきます。

僕のシビックハッチバックは2017年モデルで、カタログ値(JC08モード)で18.0km/lとなっています。2020年モデルのシビックハッチバックはカタログ値(WLTCモード)で16.4km/lとHONDAのホームページで掲載されています。

これだけ見ると「マイナーチェンジして燃費悪くなった?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

このWLTCモードは、市街地、郊外、高速道路などあらゆる場面を平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行評価とのことです。簡単に言ってしまえば「より現実的な実燃費」といった感じです!

実際のところ、2017年モデルのシビックハッチバックも17.0km/lが平均的な実燃費かと思います。(田舎暮らしの僕の場合)

僕の場合、通勤距離で往復60㎞、ガソリン価格(ハイオクガソリン)は平均150円として簡単に算出してみました。

1日の走行距離(60㎞)÷実燃費(17.0㎞/l)×ガソリン代150円=1日あたり約530円

つまり1か月のガソリン代は約16,000円になります。

次にオイル交換代について話していきます。

シビックハッチバックはエンジンオイルのみだと3.2L、エレメント込みだと3.5Lのオイルが入ります。

僕はだいたい4000km~5000km走行したらオイル交換するようにしています。早い方は3000kmで交換する場合も多いですよね。

僕の場合、この1回あたりのオイル交換費用は約4,000円かかっています。

3か月ほどで4000km~5000km走行していますので、年間にすると4回はオイル交換しています。金額としては約16,000円必要になります。

車検にかかる費用

次に車検にかかる費用について話していきます。僕は新車で購入し、まだ2年目で車検は経験しておりません。(笑)

あくまでも一般的な金額で考えていくと、初回の車検費用は5万~10万が相場のようです。もちろん人によっては走行距離が多い人もいると思いますので若干の点検項目が増えて金額が高くなるかもしれませんねー。

事故などのトラブル関係

ここで発生する費用が一番嫌ですよね…。

しかしながら僕自身、一度追突されて修理した経験があります。(笑)

「エンストしたかな?」と思うぐらいのちょっとした追突事故でしたが、意外と修理費用は高かったです。その金額15万円。ちょっとびっくりでした(笑)

リアバンパーだけでなく、内部の方まで意外と衝撃があったらしく交換するパーツが多くありました。目に見えない箇所のパーツって意外と高いんですよね…。

皆さんもここで発生する費用は何としても避けましょうね…!

最後に

2020年モデルのシビックハッチバックは、2017年モデルユーザーの改善してほしいという要望が多かった箇所をしっかりと改善していると感じています。

特にダミーダクトの部分や内装面の質感など、ちゃんとユーザーの声が反映されているなと思います。この記事がシビックが気になっている方や購入を迷っている方の後押しになればいいなーと思っています。

興味がある方は、是非一度試乗もしてみてくださいね!